不当な退去費用を支払う義務はあるのか?

退去費用の支払い

退去時の立会いで不本意な請求書にサインしてしまった。その金額を支払わなければ行けないのか

退去立会いで承諾していないのに高額な退去費用が請求された

このような経験はありませんか、どう対応しますか?不当な退去費用・違法な退去費用でも支払わなければ行けないのでしょうか

見積書を請求しましょう

退去費用の明細は請求すればもらえます

原状回復費用がわかるのは、明け渡した後、内装業者などの見積りが出てからです。見積書をもらい、立会いの時に確認した内容と合っているか、よく確認しましょう。

見積書の内容に納得できない点があれば、貸主や管理業者に連絡を取り、説明を求めましょう。借主の原状回復義務は、借主の故意・過失や通常の使用方法に反する使用など、借主の責任によって生じた損耗やキズなどを復旧することです。経年変化や通常使用による損耗分は負担する必要はありません。

管理会社・大家が提示した不当な金額は支払う義務はありません。

最終的に、金額を決定するのは、管理会社ではありません。裁判所によって判断されることになります。


正当な費用は支払う義務があります

ただ請求書にサインをしても、サインしなくて正当な退去費用の支払い義務は直ちに発生します。

正当な退去費用を支払いください ただどの部分の請求が正当な請求でどの部分が不当な請求を証明するのは借主になります

長谷川行政書士事務所では、適切な退去費用の見積書を作成しております


退去費用の質問

原状回復費用をめぐるトラブルとガイドラインでは「退去費用の確認書にサイン」したら支払う義務があるのか?退去費用の明細を請求できると下記のように記載されています。ぜひ確認を

14 退去時の立会いを求められ、損傷などがあるということで確認サインをしました。その後、原状回復費用の請求書が送られてきましたが、思っていた以上に高額で驚き、いろいろ調べたところ、ガイドラインによると、私が故意・過失などで損傷したものでない部分については費用負担をする必要がないことを知りましたが、一旦サインしてしまった以上、やはり負担しないといけないのでしょうか

A 損傷があり、その分の負担をすることを了承した場合は、基本的にはその確認内容に基づき、原状回復費用の負担額が決定されますが、賃借人の故意・過失等によるものでない損傷については、その分についてまで負担する必要はありません。

確認された内容にもよりますが、単に損傷があることの確認であれば、原状回復費用負担について了承したものではないと考えられますので、ガイドライン(特約があれば特約)に基づき、賃借人が負担すべきものか、調整することとなると考えられます。

また、損傷があり、その分の負担をすることを了承した場合は、基本的にはその確認内容に基づき、原状回復費用の負担額が決定されます。ただし、賃貸契約書において原状回復に関する特約がない場合は、賃借人の故意・過失等によるものでない損傷については、そもそも賃借人の負担する必要のないものであり、仮にその分も含め確認サインをしていたとしても、その分についてまで負担する原因・理由はないため、その旨を主張することができます。

17 物件を明け渡した後、賃貸人から原状回復費用の明細が送られてきませんが、明細を請求することはできますか

A 賃貸人には、原状回復費用について説明義務があり、賃借人は賃貸人に対して、明細を請求して説明を求めることができます

賃貸人は賃借物の明け渡しまでに生じた未払賃料や損害賠償債務などを差し引いた敷金の残額については、明け渡し後に賃借人に返還しなくてはなりません。賃貸人が、敷金から原状回復費用を差し引く場合、その具体的根拠を明らかにする必要があり、賃借人は原状回復費用の内容・内訳の明

細を請求し、説明を求めることができます。


敷金トラブル・賃貸トラブルよくある質問