札幌でコロナ給付金「持続化給付金」申請のことなら

 持続化給付金について申請の仕方がわからい方

時間がなく持続化給付金を申請出来ない方 

インターネット申請が行えない方

お役所との対応が苦手な方

札幌市及び近郊でコロナ給付金「持続化給付金」の申請でお悩みならご相談ください。行政書士が申請をお手伝いいたします。

 

個人事業主の申請代行料金

  30,000円

法人の申請代行料金

  40,000円

*申請書類が足りない場合は取得費用が別途かかる場合があります

 


持続化給付金とは

持続化給付金」とは、政府が発表したコロナウイルス関連の緊急経済対策で、個人事業主に最大100万円、中小企業に最大200万円の現金給付する制度のことです。

 

一般的に補助金制度は後払いが原則で、用途に制限がある場合がほとんどですが、今回の「持続化給付金」に関しては条件に合致してて申請すれば給付される予定です。

対象となるのは事業者とは?

対象者は中堅企業・中小企業・小規模事業者・個人事業主やフリーランスも含む事業者で、幅広い事業者が対象で、業種の指定はされていません。

 

ちなみに中小企業とは


持続化給付金の支給額は

金額は個人事業主に最大100万円、中小企業に最大200万円を支給する制度です。

 

2019年の売上を基準にして、2020年中の売上が50%以上減少した月の売上から計算することを基本とします

持続化給付金申請に必要な書類は?(個人事業主)

 

青色申告:確定申告書第一表の控え及び 所得税青色申告決算書の控え  ①白色申告:確定申告書第一表の控え

2020年の対象月の売上台帳等 (売上台帳等の作成も行います)

通帳の写し

本人確認書類

 上記をクリックしていただければ青色申告申請書類等の必要な見本の例が記載されます ぜひ確認ください


いつから持続化給付金の申請が始まるのか

令和2年5月1日から令和3年1月15日までになります

 

持続化給付金の申請方法は?

 

電子申請を基本としますが、窓口申請もするとのことです。

窓口相談は感染症対策を講じた上で完全予約制にて実施するという記載があるので、混乱が予想されます。

 

 


いつから持続化給付金の支給が始まるのか

 

支給までは申請から通常で14日程度の所要日数を目指しているとのことです。支給方法は原則、銀行振込を想定しています




札幌市及び北海道でのコロナウィルスの給付金、休業協力感染リスク低減支援金について

札幌市内で居酒屋を経営している知人より、コロナウィルスで経営が悪化したために廃業相談を受けました。


長谷川行政書士事務所

 

住所

札幌市厚別区厚別中央2条2丁目3番5号ラファイエ08B

 

電話番号

090-1307-6332

011-577-4856

 

メールアドレス

hironari3912@gmail.com

 

営業時間

9:00~18:00まで(日曜祝日休み)

(日曜祝日はお休みですが退去立会いは行っております)