コロナウィルスで居酒屋を廃業する相談を受けました

知人より10年続けた居酒屋の経営の件で相談を受けました。

 

2月以降コロナウィルスの影響で売上がなく、家賃も払えないほど赤字だと、どうしたらよいかと相談がありました。

 

私の考えは廃業です

 

少しでも早く、資金の余裕がある時に流失を止めて、また次の機会を待つです

 

コロナは今年中は続くでしょう、今手持ちの資金や国から補助で営業しても、この先いつまで続くのかわからないし、あくまでも一時しのぎである

 

国だって今回26兆円の補正予算を出したし、国の一般会計の5分の2も出してこの先、これ以上のお金は国にはないし、またこのお金は私たちの借金である。いつかは返済しなければいけないものであると話ました。

 

今廃業しても賃貸借契約書には3か月後でなければ、解約にならいのだから早く廃業決め、管理会社に言うべきだと

 

解約で帰ってきた敷金で原状回復費用に当て、もうこれ以上の手持ち資金の流失は止めるべきだと

 

またこれからもられる国の補助金は出来るだけ、次また居酒屋を開業するために資金にするべきだと

 

1年後にコロナが収まったら、家賃も下がっているし、今回退去するところも新規の借主などいないのだろうから、同じところでも可能なのではないかと話ました

 

とりあえず今回は一度廃業して、資金の流失を止め、次回のチヤンスを待つべきだと

 


札幌市及び北海道でのコロナウィルスの給付金、持続化

給付金申請の相談になります

札幌市及び北海道でのコロナウィルスの給付金、休業協力感染リスク低減支援金について


長谷川行政書士事務所

 

住所

札幌市厚別区厚別中央2条2丁目3番5号ラファイエ08B

 

電話番号

090-1307-6332

011-577-4856

 

メールアドレス

hironari3912@gmail.com

 

営業時間

9:00~18:00まで(日曜祝日休み)

(日曜祝日はお休みですが退去立会いは行っております)