北海道札幌でコロナ給付金、休業協力感染リスク低減支援金

 持続化給付金について申請の仕方がわからい方

時間がなく持続化給付金を申請出来ない方 

インターネット申請が行えない方

お役所との対応が苦手な方

 

札幌市及び近郊でコロナ給付金「休業協力・感染リスク低減支援金の申請でお悩みならご相談ください。行政書士が申請をお手伝いいたします。

 


休業協力・感染リスク低減支援金とは

 

北海道で新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、休業要請等に協力し、店舗の休業や営業時間の短縮等に取り組む事業者の方を対象として上限30万円支給する支援金です

 

 

一般的に補助金制度は後払いが原則で、用途に制限がある場合がほとんどですが、今回の「休業協力・感染リスク低減支援金に関しては条件に合致してて申請すれば給付される予定です。

対象となる事業者とは?

キャバレー、ナイトクラブなどの遊興施設等、体育館などの運動・遊技施設、劇場等、博物館な どの集会・展示施設、生活必需物資の小売関係等以外の店舗、生活必需サービス以外のサー ビス業を営む店舗などの商業施設、大学、学習塾等、文教施設など

 

 

詳しくは、北海道「休業要請等について」ホームページに掲載した「施設の使用停止対象施設 一覧」をご確認ください。

 


休業協力・感染リスク低減支援金の支給額は

 

休業要請を受けた施設を休業すること 法人 30万円 個人事業者 20万円 酒類を提供する上記を除く飲食店において、酒類の提供時間の短縮 (19時まで)を行うこと 10万円 (個人法人問わず)を支給します。

 

 


休業協力・感染リスク低減支援金申請に必要な書類は?

支援金申請書(法人にあたっては「法人番号」を記入)

・営業実態が確認できる書類

(例)確定申告書の写しのほか、各種法規に基づく営業許可証の写し等

・休業や営業時間の短縮、酒類の提供時間を短縮していたことが分かる資料

(例)店頭告知チラシやメニュー、自社のホームページの写し等

・誓約書

 

 


休業協力・感染リスク低減支援金の申請方法は?

 

郵送(令和251日(金曜日)から受付開始)か専用ホームページからのWEB申請(5月中旬予定)になります。

 


いつから休業協力・感染リスク低減支援金の支給が始まるのか

5月中旬以降支援金の給付が始まる予定になっております

 

 

 

 

札幌市の休業協力・感染リスク低減支援金の制度

 

札幌市では、北海道の休業協力・感染リスク低減支援金制度に上乗せ支給を行います。支給については北海道の10万円から20万円の支給対象に上乗せをし、30万円の支給になります

また札幌市では、北海道の休業要請等によらない「酒類を提供しない飲食店」において も、休業や営業時間の短縮など感染防止対策の協力を行っていただく事業者を対象 に札幌市独自で30万円の給付金を給付いたします。 

 

 




札幌市及び北海道でのコロナウィルスの給付金、持続化

給付金申請の相談になります

札幌市内で居酒屋を経営している知人より、コロナウィルスで経営が悪化したために廃業相談を受けました。


長谷川行政書士事務所

 

住所

札幌市厚別区厚別中央2条2丁目3番5号ラファイエ08B

 

電話番号

090-1307-6332

011-577-4856

 

 

メールアドレス

hironari3912@gmail.com

 

営業時間

9:00~18:00まで(日曜祝日休み)

(日曜祝日はお休みですが退去立会いは行っております)