元の夫婦間の不動産個人売買について

現在住んでいる家の今のご主人と元のご主人の売買

   

   昨年から元のご主人の名義 住宅ローン有りの  子供、奥さん 今のご主人様が住んでいる住宅を現在のご主人に売買し、

 

    住宅ローンを借り入れることが出来ないかの相談を受けていました。

 

    

    通常の売買でしたら売買金額を決め、売主・買主が集まり契約を行い、重要事項の説明を行い、住宅ローンの申し込みをし、

 

    決済になるのですが

 

    今回は、売主、買主様に販売金額を決める権限がなく、住宅ローンの残債金額で売買を行わさせていただきました。

 

    決済の予定日を決め、銀行に住宅ローンの残債と利息を聞きその金額が売買金額になります。

 

 

   契約・決済についても当人同士が直接会うことは無く、全て私が真ん中に入り、手続きを行うことに

 

    2倍までは行きませんが、手間がかかります。

 

    いつもなら売主、買主の条件や用事を聞きながら、話を先に進めるのですが、今回は、ほとんどありません。

 

    こうなることは予想していましたが、普通の個人売買の方が手続きも楽ですし、気を使わなくてもいいので・・・・・・ 

 

   

 

長谷川行政書士事務所

 

住所

札幌市厚別区厚別中央2条2丁目3番5号ラファイエ08B

 

電話番号

090-1307-6332

011-577-4856

 

 

メールアドレス

hironari3912@gmail.com

 

営業時間

9:00~18:00まで(日曜祝日休み)

(日曜祝日はお休みですが退去立会いは行っております)