元の夫婦間での不動産個人売買について

新規の住宅ローン手続き

ホームページを見て奥様より問い合わせがありました

現在お住まいの住宅は元のご主人様名義でなので、今のご主人様名義にすることは、できないだろうかと相談がありました

通常の売買でしたら売買金額を決め、売主・買主が集まり契約を行い、重要事項の説明を行い、住宅ローンの申し込みをし、決済になるのですが

今回は、住宅ローンの残債金額に近い金額で売買を行わさせていただきました。 

当初お客様からは、元のご主人様名義の住宅ローンを新しいご主人様名義に引き継ぎ出来ないのかと、質問がありましたが債券の引継ぎは銀行では承諾しないだろうとお話をさせていただきました。

お客様自身も金融機関に確認していたようで、難しいことはわかっていたようですが

私が提案させていただいたことは、あくまでも他人同士の個人間の不動産売買でその購入資金を金融機関から新規に借り入れし、今現在の住宅ローンと同時抹消することを提案させていただきました。

もちろん簡単なことではありません。普通の住宅ローンなら、どこの金融機関に住宅ローンを申し込むかはお客様の自由ですが、今回は同時抹消がありますので、同じ金融機関、同じ支店にさせていただきました。

今回、通常の住宅ローンに比べ申し込み書類が多かったです。特に元の夫婦間の証明のための書類や、この物件の査定の根拠についての書類がありました。

通常住宅ローンを借り入れての個人売買は、近所知人などの他人です。

今回については、売主と買主は他人ですが、売買の経過・資金の流れ・担保評価について今までの個人売買に比べてヒヤリングや資料の提出が多かったです。

私は今まで金融機関から直接、売買金額の根拠を聞かれたことはありません。

担保評価を決めるのは銀行の仕事です。私の仕事ではありません。私は不動産相場から外れた金額で契約を行ったことはありませんし、手続きに不正を行ったことも無いのですが、今回は数回ヒヤリングがありました。

今までの個人売買の住宅ローンとは違い、銀行も融資の実行に慎重になっているようでしたが、問題なく住宅ローンの借り入れも完了し、売買は

終了しましたが、手続き、元の夫婦間のことなどいつもより難しい個人売買になりました。


不動産個人売買
不動産個人売買成約事例