私道指定道路で水道工事を行うための手続きについて

掘削工事について

札幌市の私道・指定道路で水道・下水道工事を行うためには道路所有者の承諾が必要になります。

ただ私道・指定道路の登記簿謄本では住所変更が行われていなかったり、相続登記が行われいない場合が多く所有者を特定することが難しくなっております。

また札幌市では水道管の掘削工事と下水道工事の掘削においては書類、手続きが違っておりますので、このページを参考に所有者調査・掘削承諾書の取得を行いください。

私道・指定道路での下水道工事の掘削の調査、必要書類についてはこちら」で確認ください

 

所有者の調査

私道・指定道路の水道管掘削のための所有者調査は基本的にありません。

登記簿謄本上の所有者がいるかどうかだけで、下水道の掘削工事と違い特に調査を行った書類などは必要ありません。その代わり水道業者が札幌市に対して何かあれば責任を取ると言う土地使用承諾に係わる願書を提出することで土地の掘削工事が認めれています

私道・指定道路の所有者が判明した時は札幌市に対して承諾書の提出が必要になります。

私道・指定道路での水道工事に必要な土地使用承諾に係わる願書はこちら」になります

 


掘削承諾書の取得

推定相続人の方と、所有者の方からは掘削承諾書を取得させていただきました

ただ水道工事の掘削については推定相続人の方が登記簿謄本の相続人だと戸籍謄本などで証明する必要があったり、印鑑証明書の添付が求められます。下水道工事の掘削にはそこまで求められていませんでしたが



不動産個人売買