宅地建物取引業法違反で罰則の公表がありました

営業停止になった

令和2年3月に宅地建物取引業法違反で石狩振興局建築指導課に訴えていた不動産会社に対して、令和2年11月30日に北海道庁より宅地建物取引業法違反での7日間の営業停止の罰則が公表されました

他の物件で重要事項説明の違反があり、石狩振興局建築指導課に訴えに行ったときに、担当者から令和2年11月30日に以前訴えていた不動産会社に対して7日の営業停止の処分があったことを聞きました

令和2年3月に宅地建物取引業法違反で石狩振興局建築指導課に訴えた詳細についてはこちら」をご覧ください

 

宅地建物取引業違反での処分については北海道庁のホームページ」をご覧ください

 

え~罰則があるんだと言うのが正直な気持ちでした。

確かに重要事項説明書に説明ミスがありましたが、もしかしたら処分にならないくらいなのかと思っていました

自宅に帰り、北海道庁のホームページを確認しましたが、宅地建物取引業法違反で罰則が記載されていました。

もちろんお客様からの依頼で、仕事ですから行いましたが、営業停止を受けた不動産会社はこれから仕事を続けるけることは難しいと思います。

長年続けていた不動産会社が無くなることは、出来ることなら避けたいのですが、不動産会社から謝罪が無いとこういう結果になってしまいます。


敷金トラブル・賃貸トラブルよくある質問