アパートの保証人の条件、変更について

保証人とは

アパート・マンションを借りる契約を結ぶためには、保証人を求められますが、保証人になるための条件とは、保証人が保障しなければいけない債務とは、保証人を辞めること、保証人を変更することは可能なのでしょうか?

保証人とは、主たる債務者がその債務を履行しない場合に、その履行をなす債務(保証債務)を負う者をいいます。賃貸契約の保証人が負う債務とは賃貸借契約から発生する滞納家賃、損害賠償、原状回復などをすべてを保証することになります。

つまり、入居者が家賃を滞納したり、原状回復費用を払えなかったりする場合に、保証人には入居者の代わりにその費用を支払う義務が生じます。保証人の責任は非常に重いのです。


保証人の条件とは

不動産会社から保証人を立ててくださいと言われても保証人は誰がいいのだろうと迷ったことは、ありませんか?

保証人は、審査を通れば誰でもなることはできます。大家さんの気持ちになれば、滞納などのリスクを回避するのは当然です。できれば保証人には、支払い能力があって身元が確かな人物にお願いしたいというところが本音でしょう。

賃貸借契約の保証人は、信頼のおける親族が保証人の条件になることが多いです

ある程度の勤務先・年収・資産があれば保証人になることができます。現役で勤めている親、就職した子供や兄弟であれば保証人として認められることが大半です。安定した職業に就職しているということが大きなポイントとなります。なお、十分に信頼できるからと友人に連帯保証人を頼もうと考える人もいらっしゃいますが、今は交流があっても数年後には疎遠になっているケースも考えられることや、親族に比べ責任感が希薄になりがちなため、基本的に友人を保証人にすることはできないとしていることが多いです


保証人の変更は可能なのか


保証人を途中で変更することはできるでしょうか?

保証人が高齢になったり、お亡くなりになるなど、さまざまな事情で保証人が出来なくなる場合があります。やむを得ない事情があれば変更することは可能です。保証契約は貸主と保証人の契約になりますので、大家さんに了承してもらわなければなりませんし代わりに、現在の保証人と同程度、もしくはそれ以上の支払い能力のある人物でなければ難しいと思います。

保証人の変更は、貸主さんが承諾できる代わりの人がいれば可能になります。



敷金トラブル・賃貸トラブルよくある質問