全国から依頼沖縄鹿児島福岡大阪兵庫三重東京神奈川千葉仙台

今年に入り、退去費用の査定を含めて札幌以外の方からの依頼が多くなっています

昨年までは、半分ぐらいが札幌及び近郊の人からの依頼でしたが、今年に入りお客様に直接お会いしたのはまだ1人です他の方はホームページを見て依頼を頂き電話メールで打ち合わせをさせていただき、郵送で報告書・査定書を郵送させていただきました。

管理会社からの不当退去費用の請求にどう対応したらよいのかについてはこちらをご覧ください

 

まさか鹿児島や福岡の人から依頼を受けると思いませんでしたが、基本的に退去費用・原状回復についてはどこに住んでいても変わらないのですから、どこの地域の人が査定しても変わりません

ただ問い合わせを受けたお客様の全てを請け負うことは出来ません。もちろんお客様が契約書・重要事項説明書をお持ちになっていると査定を行いやすいのですが、1番大事な資料はその物件の賃貸を行うための資料がネットに記載されているかなのです。

 

資料は同じ間取りなら、家賃・築年数・間取り・写真で設備が確認できます。床材に穴を開けた場合にどういう材料でどういう物を利用しているのかを確認できます

 

もちろんお客様からも聞き取りを行いますが、最低でも同じ間取りでなくても、同じ物件の資料が無いと退去費用の査定を受けることが出来ません

今まで残念でしたが、1件まったく資料が見つからなく間取り築年数がわからなくお断りをさせていただきました


敷金トラブル・賃貸トラブルよくある質問