退去費用に保険を利用するときは総合的に判断してください

入居10年、築22年、1LDKにお住まいの借主様から退去立会いの依頼を受けました

掃除をしていたら、備え付けの照明器具が床に落ち傷が付いたが保険を利用した方が良いかと相談を受けました

床はフローロングで多少凹んだと、照明器具はカバーが割れ、保険については自分で加入しているとのことでした

退去費用・原状回復保険を利用することが出来る場合がありますのでこちらで確認ください

 

今回についてはフローロングのみ保険対応が良いのではないかとアドバイスさせていただました

フローロングについては何年入居しても部分補修については減価償却の対象にはなりませので自己負担になります

フローロングの凹みを確認していませんが㎡単価10000円で23㎡の補修工事になり費用が30000円ぐらいでないかと思います。

保険には1万円の免責金額があっても保険を利用した方が得になります

照明器具については入居以前からあることですので、減価償却対象になり原則として借主負担は0円です。壊した事を考えると多少の費用負担があっても免責金額の1万円より借主負担は必ず少ないので保険を利用する必要はありません。

不当で高額な退去費用・原状回復は支払う必要はありませんこちらで確認ください

 

今回の保険請求の手続きは借主が行う事になり、保険請求の必要書類としては保険会社から申請書をもらい、見積書は退去時に管理会社に依頼し、写真を揃え申請は可能になります。申請書の記載方法がわからない場合は当事務所がアドバイスさせていただきます

原状回復・退去費用に保険を利用した方が得なのかは、管理会社の指示に従わずに総合的に自分で判断をしてください


敷金トラブル・賃貸トラブルよくある質問