家賃保証会社はどうして不当な退去費用請求をするのか

●管理会社から不当な退去費用を請求され交渉したが家賃保証会社に変わり不当な退去費用を請求されている

 

●管理会社から不当な退去費用を請求され交渉が決裂して家賃保証会社から不当な退去費用の請求がされそうだ

 

管理会社から連絡もなく家賃保証会社から不当な原状回復が請求された

 

家賃保証会社とは

家賃保証会社は管理会社・大家に退去費用として支払った金額を借主に請求して来ます。

 

支払ったお金を全額回収するのが家賃保証会社の仕事です。

 

家賃保証会社は借主が家賃を延滞したとき貸主に対して立替え払いをしてくれる会社です。

家賃支払いの連帯保証をする代わり、契約者(借主)から保証料を手数料として受け取り営業を行っている会社です

 

本来は家賃保証を行う会社なのですが、付随業務として原状回復に関しての費用も補償しています。

 

家賃保証会社の中には原状回復費用の上限が20万円と決まっている家賃保証会社や現地調査・審査を行う家賃保証会社もいますが、多くの家賃保証会社には上限もなく、現地調査も行わずに審査まなく管理会社から請求された不当な原状回復費用でも簡単に支払います

 

家賃保証会社のお客様は保証料を支払っている賃借人ではありません。

 

大事なお客様はお客様を紹介してくれる管理会社です。

 

家賃保証会社は仕事をくれる管理会社が不当な請求をしても簡単に支払います

借主は関係ないのです。

 

私は家賃保証会社を信用していません

 

日本では家賃保証会社に対する法規制がなく協会で自主規制を行ってますが鍵を勝手に交換したり、荷物を勝手に運び出し住居侵入罪や器物損壊罪の犯罪行為を行う保証会社があります。

 

取り立てについても金融業のように明確な規制がされていませんので深夜の取立て、勤務先への多重架電、しつこい電話攻撃をしたり、返済義務のない緊急連絡先にも支払いを求める悪質な取り立てや執拗な督促等を行なっている家賃保証会社があります。

 

管理会社は

管理会社は家賃保証会社を利用して本来支払う必要のない不当な退去費用を家賃保証会社に請求して不当な利益をあげ借主に不利益を与えています。

 

管理会社は不当な退去費用を家賃保証会社に申請しますがその書類には写真もなく、どういう退去費用なのかの説明もありません。

 

家賃保証会社もまともな審査もせずに不当な原状回復費用を管理会社に支払っています

 

管理会社は家賃保証会社からお金をもらい不当な利益をあげればいいのです

 

退去費用を回収後は家賃保証会社と借主の事であり管理会社には関係ないのです。

 

管理会社は簡単な書類申請で儲けが出るのですからやめられないですよね

 


どうしたら

じゃあどうすればいいのか、管理会社に言っても無駄です

 

管理会社は不当な退去費用の請求を家賃保証会社にして儲ければいいのです。

 

退去費用を回収後は借主と家賃保証会社との問題です。

 

多くの借主様から聞きましたが、家賃保証会社に電話しても現に家賃保証会社から請求されてない案件については相談にも乗ってくれずに担当部署に連絡したといっても相手にしてくれないようです。

  

家賃保証会社に対し

家賃保証会社と裁判を行い勝訴した借主様

 

借主は北海道に住んおり、大阪での裁判であり出ることができず、準備書面などで対応したそうです。

準備書面などは当事務所の査定書の通り記載し、当事務所の査定書を証拠として提出したようです。

 

家賃保証会社の請求には根拠がないと敗訴した事例

 

 

②家賃保証会社の査定書を提出し請求を諦めた事例

 

当事務所の作成した査定書を家賃保証会社に提出した結果、家賃保証会社は原状回復の請求を諦めした

 

査定書を提出したら家賃保証会社が請求を取り下げた事例

 

 

③家賃保証会社の査定書を提出したが変わらなかった事例

 

当事務所の作成した査定書を家賃保証会社に提出したが変わりませんでした

 

査定書を作成しましたが、家賃保証会社の対応は変わりませんでした