短期の入居でもタバコを吸うと壁紙の張替えは必要なのか

最近短期の入居でたばこを吸った事により全部屋のクロスの張替え請求を受けているという相談が増えています

タバコを吸った事により壁紙に臭いが付いたり、色が変わると借主が費用負担することになります。

これはタバコを吸った過失ではなく、煙草で壁紙の色が変わった匂いを付けたことのがきっと管理出来ていない善管注意義務違反だと言われています。

タバコを吸っていけないとは言われておりません。また賃貸借契約書に私は今まで一度も部屋内でたばこを吸ってはいけないという文章は見たことはありません。契約書に無いのですから大家さんはタバコを吸うことを認めているのです。

最近も2年入居で玄関トイレ洗面所を含めた全部屋のクロスの張替え請求を受けたと。写真を見せていただきましたが、居間などの部屋にはクロスの変色が少し見られましたが他の部分にはたばこによる影響は感じられませんでした。

匂いについては現地を確認しておりませんのでわかりませんが、私は退去の立会いで2年以内の退去では多くの部屋でタバコの匂いを感じないのですが・・・

たばこを吸ってのクロスの張替え費用については「こちらのページ」をご覧ください

 

また先日は入居半年でたばこを吸ってクロスが変色し匂いがついたから全部屋のクロスの張替え費用が請求されているお客様がいましたが、本当なのでしょうか・・

写真を確認しましたが、全くクロスの変色はありません。おそらく匂いも無いでしょう

最近タバコについて世間の目が厳しいいのはわかりますが、2年以内ならせいぜい居間などの壁紙の張替えか壁紙の特別清掃が妥当だと思うのですが

もちろんタバコを吸う本数や、家にいる割合にもより変わりますが、これはタバコの影響ではなく管理会社が不当な利益を得るための不当な退去費用の請求だと思うのですが

たばこを吸ったクロスの減価償却6年住むと退去費用は1円になりますは減価償却確認ください

 

たばこ退去費用24万円を請求され、壁紙の張替え面積減価償却を行い9万円になった事例がありましたのでこちらのページで確認ください

 


アパート・マンション敷金返金・返還敷金返金・返還