保証会社に退去費用の支払い先が変わると大変です

不当な退去費用・原状回復費用があり、管理会社と交渉していたが、家賃保証会社が不当な退去費用・原状回復費用でも管理会社に支払うと、管理会社より家賃賃保証会社に対応先が変わると。管理会社より交渉が大変で面倒くさい事になり、出来るなら管理会社の間に解決しましょう

管理会社は交渉や話し合いに応じます。ただし裁判を行う権利はありませんので対応は難しくありませんが

ほとんどの家賃保証会社は法令を遵守して処理しますが、悪質な会社は強引な取り立てをすることも存在します。怖いです。

家賃保証の業界団体も存在しますが、規制の厳しい貸金業とは異なって自主ルールが徹底されているわけではありませんから、サラ金業者の取り立てでは不可能な“夜討ち朝駆け”はもちろん、周囲の人への支払いの要求、親族や職場への訪問、その他なんでも、家賃保証会社には違法な取り立てを行う保証会社も存在します。怖いです。管理会社はここまでは行いませんが。

家賃保証会社は電話や手紙で督促しますが、それに応じない場合には内容証明郵便を送付し、最終的には裁判となります。弁護士相手の裁判は長くなり,和解にも応じないでしょうし難しい裁判になるから大変です。出来るなら避けたいものです


家賃保証会社話し合いや交渉には応じません。不当な退去費用・原状回復費用でも管理会社にお金を支払っています。不当な退去費用・原状回復費用は管理会社と借主の事で、家賃保証会社にには関係ありません必ず支払った金額を回収します
不当な退去費用管理会社にどう対応したら良いかについてはこちらのページをご覧ください

 

正当・不当な退去費用の支払い時期についてはこちらのページをご覧ください