· 

アパートの退去の立会い、契約書の事前確認を行っています

9月の中旬に月寒でアパートの退去の立会いの予定になっております

当事務所では退去の立会い前に賃貸契約書・重要事項説明書・入居時の書類を確認しています。

それは退去時にかかる費用についての確認と契約書などのチエックのためです退去時におかしい条件などが無いかの確認です。

今回の立会いについて、契約書の特約に気になる点がありました

契約書に灯油FFストーブの維持管理は全て入居者の負担として、解除時には分解清掃後引き渡すものとする(領収書を提示のこと)と記載が有りました。

退去時にストーブ分解掃除が完了していないと、契約違反に問われ引き渡しが終了していないと問われ、家賃を請求される可能性がありますので、事前にストーブ分解清掃料金を確認してもらい、費用を負担で契約内容の履行を行う事の確認を借主様から管理会社に確認していていただき引渡し時に問題になりそうな点の排除をさせていただいております

入居6年で退去時のクリーニング費用について契約書には実費負担と記載ある場合の金額について借主様と打ち合わせを行い、本来なら3万円ぐらい負担が必要な費用が0円になりました。その準備として下記の書類を作成して行きました。

ただしクリーニング費用については契約書特約に「00000円」と記載があり高額請求でない場合は支払い義務が発生します

今回の契約書には金額の記載がなく、借主様も特に説明もなかったと聞き。クリーニング費用の考えについて説明をさせていただき。退去時の清掃は綺麗に行い、費用も支払いたくないと聞きましたので

下記の書類を作成し引渡し時に管理会社に渡しましたが、後日精算書の中にはクリーニング費用の負担はありませんでした。これが原状回復のガイドライン・判例の考え方で当方の主張が正しいことですが


このように少しの準備で、管理会社との揉め事を排除し費用も安くなったり0円になる可能性もあるますので、事前に契約書などを確認することも必要です

アパート・マンション敷金返金・返還敷金返金・返還