タバコを吸ったことによる借主の責任・原状回復費用について

退去費用の査定

徳島県で2LDKの部屋を9年間借りた借主様より管理会社から意味不明な事を言われ、煙草によるクロスの張替え費用などで減価償却のない39万円(クロスの費用35万円)の退去費用が請求されたが妥当な原状回復費用なのかと相談があり査定書を作成しました。

 

タバコによるクロスの汚れ
タバコによるクロスの汚れ
退去費用・原状回復費用の見積書
退去費用・原状回復費用の見積書

借主は9年住んでおりクロスの耐用年数6年を超えていますので減価償却により退去費用は0円になります。

クリーニング費用については契約書に記載が有りますので4万円は正当な請求になり退去費用44000円の査定書を作成させていただきました。

 

昨日お客様から当事務所が作成した査定金額4万円で管理会社が承諾したと連絡をいただきました。

退去費用・原状回復費用の見積書
退去費用・原状回復費用の見積書

管理会社の見解

根拠もなくタバコを吸ったと減価償却のない退去費用・原状回復を請求する管理会社はたくさんありますが、ここまで法律的根拠を捻じ曲げた管理会社は今までありませんでした。

 

タバコを吸ったことは故意・重過失だから減価償却は行わないと今まで聞いたことがない見解です。

 

故意重過失があっても減価償却は行われます

 

お客様の希望で法律的見解を説明してほしいと依頼があり、いつも以上に裁判所の考え方などを査定書で述べさせていただきました

 

管理会社の見解

「室内で喫煙されれば着色・臭いが発生することは明白であり、それでもなお、喫煙されたとなればその行為は「故意(未必の故意)」です

もし、万が一「着色するなんで知らないし、分からなかった」と主張されたとしても、それは「重過失」にあたり、故意と同等の責任が発生します

 

しかも、その程度は清掃で落ちるものではなく、クロスの全面張替えと特別消臭作業が必要になることは、説明の必要もないことでしょう」

と述べられていました。

 

当事務所の見解など

裁判所などの見解

建物賃貸借契約書に禁煙と記載がない場合は煙草を吸っても用法違反・契約違反にはなりません。

ただ煙草を吸いクロスを汚し、匂いを付けたことは、クロスを綺麗に利用する義務があるにも関わらず、壁紙の掃除を怠り汚した借主の過失になります

未必の故意・管注意義務違反ではありません。

またタバコの臭いについては善管注意義務違反になる可能性があると

 

どうしても禁煙にしたいのなら契約書に記載すればよいのですが、私は禁煙と記載されている契約書を今まで見たことがありません。

日本は法律で喫煙になっていませんし、まだ多くの人が煙草を吸っていますので部屋で煙草を吸うことは許されています。

 

タバコを吸い汚したこと、臭いを付けたことは特別損耗になるが特別損耗でも減価が可能だと判決が出ています。

また重過失とはただ重たい過失ではなく、故意と同程度の過失があるということでありこういう場面では使わない言葉なのですが

 

意味不明な管理会社がたくさんいます。借主様は気をつけ不当な退去費用の支払いは止めましょう。

 



退去費用・原状回復の相談
退去費用・原状回復の相談

アパート・マンション敷金返金・返還敷金返金・返還
札幌でのアパートの退去立ち合い

原状回復退去費用の見直し
原状回復退去費用の見直し