まさか札幌でマイナスの売買契約書を作成するとは

不産契約書の金額がマイナスなんて

       
       通常の不動産契約は買主が売主にお金を支払い

 

       売主は不動産 権利書等を引き渡して完了するのが普通なのですが

 

 

       現在相談を受けている中古住宅の売買契約金額がマイナスになりそうです

 

       売主がお金を買主に支払い 買主は売り主から不動産 権利書等の引渡しを受けます

 

       確かに中古住宅と言っても 作業場があり かなり大きく築年数も経過して 取り壊しにたくさんのお金が必要ですが

 

       札幌市内です

 

       

       今まで100万円の売買契約書を作成したことはありますが

 

       あくまでも買主は売り主にお金を支払っています

 

 

       不動産会社は手数料商売だから マイナスの売買契約を作成することはないでしょうが

 

 

       まさかこの札幌でマイナスの契約書を作成するなんて

 

       買主にお金を支払い 引き取ってもらう

 

       これからはそう言う時代が当然に来るのかもしれません

 

 

長谷川行政書士事務所

 

住所

札幌市厚別区厚別中央2条2丁目3番5号ラファイエ08B

 

電話番号

090-1307-6332

011-577-4856

 

 

メールアドレス

hironari3912@gmail.com

 

営業時間

9:00~18:00まで(日曜祝日休み)

(日曜祝日はお休みですが退去立会いは行っております)