道路拡幅のための事業決定が下りている江別市での調査


道路拡幅の調査

東京の不動産会社から重要事項説明書を作成するために江別市の不動産調査の依頼を受け調査を行いましたが、今まで沢山の不動産の調査を行いましたが、初めての経験をさせていただきました。 

今まで道路の拡幅の計画のある土地の調査、道路の事業の計画が決定している土地の調査はさせていただきましたが、今回は事業計画どころかもう工事が始まっている道路で、それも道路用地の図面や価格の提示が終わっている土地で近日中に契約する道路用地でした。

こういう土地の扱いがすごく難しいのです。

これから江別市に道路用地を売却して測量をして分筆登記が完了し代金が支払われるまで3か月はかかります。

まさか不動産会社としては3か月間不動産の契約を行わないことは出来ません。

途中で道路用地の所有者が変わると2度手間になります。

 

今回の件は私が決める事ではありません。

不動産会社が決める事ですが、私から提案をさせていただきました。

売買の手続きが終わるまでの3か月間、契約を延ばすことは出来ないので、現所有者には今回の道路拡幅の話からは引いてもらい、新しい所有者と江別市の担当者と契約してもらった方が良いのではないかと提案しました。

もちろん重要事項説明書には道路拡幅の図面、条件などを記載し、出来ることなら新しい所有者にも同条件で道路の拡幅工事に承諾してほしいと記載してほしいと、東京の不動産会社にはお願いしました。

東京の不動産会社様も、それしかないよねと承諾をいただきました

こういう調査はやはり自分から足を運び、担当者と直接話をしないと決められないものです。

私には何一つ決める権限はありませんが、どういう方法が良いのかを提案させていただきました。

出しゃばり過ぎたかもしれませんが

 


札幌市役所で不動産調査
札幌市役所で不動産調査
恵庭土地調査売買
恵庭土地調査売買
不動産調査
不動産調査