札幌で住宅ローンの相談なら

住宅ローン相談

住宅ローンの実行

住宅ローン・リフォームローンの申し込みをしても、融資不承認でローンを実行できなくなると,売主・買主さんは大変な迷惑を受けます 融資不承認になると大変なことになるのです・・・・私は今まで住宅ローン・リフォームローンの申し込みで融資承認が下りなかったことがありませんそれは、事前に融資条件に合っているかを自分で確認させていただいているからです

例えば 住宅ローンの申し込み条件に一致しているのか、勤務先・勤続年数・年収、現在の借り入れ状況、過去の事故歴などを確認します。

もちろん買主さんから聞き取りはしますが、自分で固定資産税評価証明書などで担保評価はあるのか、所得証明書で年収、信用情報機関で借入状況・事故歴などを絶対自分で事前確認を行います。 最低限度のことも確認せずに融資不承認でしたはどんなことがあっても絶対許されない行為だからです。

私には契約後住宅ローンが落ちて契約解除をした。信じられません。そんな事があるんだ。私は住宅ローンが借入できなかった経験はありません。これからもそれだけは無いようにしたいと思います

住宅ローンについて

マイホーム購入する場合に住宅ローン・リフォームローンを利用しますが、ローンにはいろいろな種類があり、どれを利用するかによって将来の家計に大きな影響が出ます。

住宅ローンとしては、財形などの「公的融資」 銀行の住宅ローンなどの「民間融資」、フラット35などの「証券化ローン」が考えられます

借入先としては、銀行、信託銀行、信用金庫、ネット銀行、労働金庫、JA、生命保険会社、モーケージバンク、ノンバンクなどたくさんの借り入れ先があります

金利タイプも「固定金利」「変動金利」「金利ミックスプラン」があります

住宅ローン・リフォームローンの諸経費としては事務手数料・保証料・団体生命保険・登記料などが考えられます

お客様において借入先・金利・諸経費などについて、全てにおいてベストの住宅ローン・リフォームローンはありません。

住宅ローンの専門家が中立な立場で相談に乗ります

住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランナーがお客様の希望に出来るだけ合う住宅ローン・リフォームローンを提案させていただきます 

完全な個人間売買では金融機関では住宅ローンを借りることは出来ないのかついてはこちらのページ」をご覧ください

 


不動産個人売買
不動産個人売買成約事例