· 

不動産会社・2行の銀行に断れた住宅ローンは難しいでしょう

お問い合わせをいただいたお客様から相談がありましたが、電話では内容がわからない複雑な案件でした

後日訪問させていただくと、鉄骨造の3階の住宅で1階・2階・3階の所有者が親戚で数人の別々の人で、土地も分筆されています。私は始めて札幌で区分所有の戸建て住宅を見ました。

札幌に区分所有の戸建てがあることにビックリし、所有者が数人おり親戚のようですが、お亡くなりなって所有者の方がいて権利関係が複雑になっておりました。

相談を頂いたお客様は区分所有の建物の階数を住宅ローンを利用して購入したいと相談がありましたが、不動産会社に相談・2行の銀行に相談したが断られたということです。

区分所有の住宅で土地が分筆されており、数名の所有者がいると、土地だけ他の人に売却することも出来ますし、建物だけに抵当権を設定して将来万が一競売が必要になっても保全が出来ません。

総合スーパー系の金融機関では仕組みが無いと断れ、北海道銀行では窓口に相談して審査する前に断られたと、それは個人の問題ではなく、不動産が銀行の融資条件に会わないので当然の事です。

無理なのを分かってて申し込み・相談をした不動産会社もどうかなぁと思いますが・・・無駄な事をしたなぁ・・・

私は2つの提案をさせていただきましたが、住宅ローンの仕組みには入りますが、1つはそんなに難しくはなく問題なく住宅ローンは借入出来るでしょうか、提案2は難しい住宅ローンになると話しました。ただ私が話した事を理解出来ていないのではないかと感じました

私の説明が悪いのか、難しい案件ですので理解が出来ていないのか不明ですが、2の難しい提案を検討したいと言われましたが、どうなることか、仮に契約が出来て来年ですし、大変ですが


不動産個人売買
住宅ローン相談