不当なクロスの貼替面積・減価償却の見直しを行いました

東京都杉並区の借主様より退去費用が約10万円下がり解決したとお礼のメールをいただきました

 

管理会社の退去費用280,940円の請求部分のクロスの不当な貼替面積122㎡を正当な貼替面積である70㎡に見直し、減価償却を行っていなかったので減価償却を行い182512円で査定書を作成しました。

 

クロスの貼替面積について

クロスの貼替面積については現場で天井高や壁の凹凸を確認しなければ正式な貼替面積はわかりません。

ただ賃貸情報の間取り図・構造を知らべればおおよその貼替面積がわかります。

 

内装業者は一般的に失敗した場合に備え・予備のため2割ぐらい貼替面積を多く請求します。

本来は失敗したら内装業者の負担のはずなのですがおかしい常識が通用しています。

 

現実問題として図面上では本当の貼替面積はわかりませんので2割ぐらい貼替面積が多く請求されても管理会社に指摘することは出来ません。

ただ貼替面積の倍を請求する管理会社がたくさんいます。

 

単価はネットで簡単に調べることは出来ますが、貼替面積は素人には簡単にはわかりません。

建築の知識がない管理会社が不当な請求をするのに簡単に請求書をいじる事が出来ますので、よく行われる手段です。

注意ください。

 

原状回復請求書
原状回復請求書

管理会社が承諾し退去費用が約100,000円下がったと連絡がありました。

 

これ以上不当な請求をしても借主を騙せないと思ったのでしょうが当方が作成した正当な退去費用の見積書で合意できて良かったです

 


退去費用・原状回復の解決事例
退去費用の解決事例

退去費用原状回復のWEB電話相談
退去費用のWEB電話相談

退去費用原状回復費用の査定
原状回復退去費用の査定