退去費用請求51万円が8万円で賃貸人と合意しました

覚書
覚書

管理会社より退去費用51万円を請求された借主様より原状回復の査定を依頼され5万円と査定しましたが40万円以上下がった8万円で合意し覚書を作成しました。

 

札幌市厚別区青葉町のマンションに13年住んでいた借主様より依頼があり管理会社から来た退去費用51万円請求の査定を行いました。

 

13年入居しておりタバコによる汚れは賃借人の負担ではありません。

通常損耗経年劣化である設備費用の見直しを行い5万円で査定を行いました

 

管理会社からは認めれないと

理由についてはタバコによる汚れは特別損耗だから、設備品の損傷は過失だから全額支払えと。

 

賃借人は裁判を起こしてほしいと言っても、管理会社と交渉する気はないと言っても21時過ぎに突然訪問したり、しつこい電話を止めなかったようでした。

ここまでしても不当な退去費用を請求する管理会社もいます。


貸主から当事務所に電話があり51万円の中でいくらか負担してほしいと管理会社に依頼をしたが、全額請求の51万円は管理会社が勝手に行った事であり、賃貸人は知らないと。

 

賃貸人から原状回復費用の一部の負担をしてほしいと賃借人に聞いてほしいと言われたので確認したところ当方の査定金額より3万円高いですが、40万円以上も下がった、80000円で承諾されましたので覚書を作成させていただきました。


 

今回当事務所の査定金額が正しく賃貸人に不当な退去費用を支払う意思がなく、賃貸人からも原状回復についての催促があり嘘を通すことが出来なくなり、管理会社ではどうしょうもなくなり、虚偽の報告を通して不安になった賃貸人から当事務所に連絡がありました

 

管理会社がいつも行う事ですが、賃貸人には本当のことを告げずに賃借人が退去費用の支払いを拒否していると言い、早く部屋を直さないと貸すことが出来ないと急がせ退去費用の51万円を支払わさせ、賃借人には不当な退去費用を請求し退去費用の51万円を儲けようとしていることが分かりました。

 

賃借人が不当な退去費用を支払っても、虚偽の報告をし回収できなかったとか、回収した金額の一部だけを報告し賃貸人からも原状回復費用をもらっている事例が多くあります。

 

管理会社は嘘を言います。

大事なことを報告しません

退去費用の交渉では管理会社を信用せずに賃貸人に文書で重要な事ことを知らせることが大事なことです

 


退去費用・原状回復の相談
退去費用・原状回復の相談

退去費用原状回復のWEB電話相談
退去費用のWEB電話相談

退去費用原状回復費用の査定
原状回復退去費用の査定