小樽市で農地の不動産調査を行いました

小樽市で農地の調査

東京にお住みの息子さんから母親が小樽市内で農地を持っているのでと調査を依頼を受け、現地確認・小樽農業委員会・市役所で調査を行いました

お客様から現地は親戚の人に家庭菜園として貸していると聞いておりましたので、現地を確認させていただきました。現況は農地に該当します

小樽市の農業委員会に行って話を聞いてきたのですが、当宅地は農地法の農地に該当しており、現況でも農地であり、今すぐの農地法の解除は出来ないとお話をいただき、これから農地に該当しなくなるための方法などをお聞きしました


小樽市役所に20数年ぶりに不動産調査のために行きましたが、建物はその当時から変わらず古いままでした。

市役所としては札幌近郊では1番古いのではないでしょうか?

建物には本館と別館がありエレベーターの場所もわかりにくいままでしたが、小樽市役所の親切な対応には感謝です。

用事のある担当課がわからず、うろちょろしていると2回も声をかけてもらいました。「どちらかお探しですかと」親切な対応には感謝しかありません。他の役所も同じくらい親切だといいのですが

今回は道路、都市計画などの調査を行いました。


農地の調査は以上の点を中心に行いますが、1番大事なことは農地は制度が複雑なことです。不動産の知識が少しあるぐらいでは対応できません。

農地に対して、どういう物を建築したいのか、誰に所有権移転を行うのか、貸すのかなどを事前に農業委員会に相談を行う事が大事です

農地転用の権限は農業委員会にあるのです。計画が予定段階でも必ず相談を行いましょう。

農地については、一般的な不動産の知識だけではなく、農地の不動産知識・農地法の許可届出の知識が必要になります。


不動産調査