私道の権利関係を調整し3筆に分筆し契約を行いました

私道を3区画に分筆

相談内容

札幌市中央区に60年前からある私道の権利関係を調整して、隣接地に私道を売却したいと相談がありました。

過去に不動産会社に数回依頼したが上手く行かなかったと聞きました。

解決策

本物件を調査したところ1件の住宅には建築基準法の道路に接道がなく囲繞地通行権が発生がします。

囲繞地通行権が発生する家の水道・ガス管は私道に埋設されております。

他の利用者には囲繞地通行権はなく、私道の廃止・分筆後の土地購入の交渉をし承諾をいただきました。

 

購入予定者の1件を訪問し、通行権のある私道部分を無償通行権・埋設管付きで購入していただけないかと交渉し、承諾をいただきました。

通行権がある住宅に訪問し通行権・埋設配管の無償利用を認める覚書を作成しました。

私道については1件だけ権利が残りましたが、うまく解決できました。

 

私道部分をを3区画に分筆して隣地に売却を行いました。

価値が0円だった土地を1000万円以上で売却できました。

 


不動産個人売買
不動産個人売買よくある質問
不動産個人売買成約事例