· 

アパートの退去料・立退料の相談がありました

 

主からアパート・マンションの退去を言われた場合にいくらの退去料・立退料が請求できるのかですが、退去料の決まりはありません。

 

一般的には家賃の6か月ぐらいと言われていますが・・・

 

立ち退き料の内訳としては引越し先の敷金・仲介手数料・前家賃・引越し費用などがあり、新しい住居へ引越すために支払われる費用なので、個人差があります。

 

本来、入居者に落ち度がない状況で正当事由がなくオーナーの都合での立ち退きは認められていませんので立退料が必要になりますが、経費も支払わない貸主がいます。交渉するか断りましょう。

 

借主は立ち退きを求めても借地借家法26条で、正当事由があり6ヶ月までに伝えることになっておりますので強制は出来ません。

 

建物・設備が壊れたから退去してくれと言われても賃貸借契約には,賃貸人は「目的物を使用収益させる義務」を負うことになっており壊れたものを直し貸す義務がありますので退去の強制は出来ません。

 

立ち退きはハードルが高く、簡単ではありません。

 

建物の老朽化による建て替え、建物設備が壊れての退去は入居者は引越したくて引越す訳ではなく、支払う必要のないお金なのです。

 

立ち退きの強制は出来ませんし、妥当な立ち退き料が無い場合は退去する必要はありませんし、きちっとした立ち退き料を支払ってもらいましょう。