220万円の退去費用請求が19万円になるなんて


社宅サービス会社から令和4年1月に北海道伊達市で退去費用として220万円の請求が来た戸建ての現地確認と退去費用査定の依頼が有りました。

 

今日社宅代行会社から連絡があり当事務所で査定した金額に近い約19万で貸主と話し合いが付いたと電話をいただきました。

 

もちろん持ち主の退去費用請求には下駄箱の少しの傷での取替請求になっていた不当な請求や床に座りよく見ないとわからない家具を置いた傷・通常の生活での経年劣化による少し傷で全部屋フローリング貼替請求になっている不当な請求でしたが

 

もちろん交渉主には知識があり一般の借主とは違いますが、当方の査定書を基本に裁判で決着してもよい覚悟で交渉したようです。

 

賃貸人は勝てないと思ったようで当方で作成した退去費用査定の165,963円に近い金額で決着が付きました。

 

今回の査定は特殊で、一般の人にはここまで難しいでしょうか、不当な退去費用・原状回復費用の解決方法は絶対不当な費用は支払わないことです