退去時の費用請求の裁判があり当方の主張が全面的に認められました

《判決文》

原状回復の裁判所の判決文①
原状回復の裁判所の判決文①
原状回復の裁判所の判決文②
原状回復の裁判所の判決文②
原状回復裁の判所の判決文③
原状回復の裁判所の判決文③
原状回復の裁判所の判決文④
原状回復の裁判所の判決文④

家賃保証会社より原状回復の裁判を起こされた借主様は裁判所にも出頭せずに答弁書を2回提出し、当事務所で作成した原状回復査定書を証拠とし提出し、裁判所で被告(借主)の主張が全面的に認めた判決がありました

 

裁判所に必ず出頭しなければいけない事もありませんし、被告も主張をほとんど行わずに、当事務所で作成した退去費用査定書だけを証拠としました。

 (被告は北海道に住んでおり、原告は大阪の家賃保証会社でした。管理会社には不当な退去費用だと査定書を提出したのですが家賃保証会社が立て替え払いを行い代位弁済での原状回復費用の裁判になりました。)

 

 【家賃保証会社】に対してどう交渉したら良いのか

 

原告の主張はクロス・フローリングの全部の張替え費用の359,204円の請求になります。

 

当方の主張はクロスの汚れた部分の張替えのみで全部の張替えは必要ない減価償却が行われていないので行いました。

フローリングの張替えについては減価償却を行い89,386円の査定金額になりました。

 


原告はクロスの全面張替えが必要な理由、減価償却を行わない根拠

フローリングの減価償却を行わない根拠を証拠を提出できずに原告の主張には根拠がないと認められ、被告の主張通りの89,386円の判決が出ました。

 

ガイドライン・判例には 

原状回復とは損傷部分の復旧でありクロスの貼替面積は最低限度になります。

減価償却について賃借人は通常損耗・経年劣化を含めた家賃を支払っています。2度も原状回復費用の支払いは必要ありません。

この根拠を覆す根拠判例などはありませんので当然の判決です。

 

勝てると思っていたから裁判を行ったのでしょうが、私からしたら少し勉強すればわかる基本的な事です。

知識が無いことは怖い事です。

 

担当者は会社に損害を与えても何も思わないのでしょか、責任も取らなくていいのでしょうが

自営業の私には考えらえません。

被告の借主様も長い時間大変な事に巻き込めれたのに

 

 


退去費用・原状回復の解決事例
退去費用の解決事例

退去費用原状回復のWEB電話相談
退去費用のWEB電話相談

退去費用原状回復費用の査定
原状回復退去費用の査定