築35年のお風呂のカビ汚れのによる退去費用原状回復の査定依頼

ユニットバスの汚れ
ユニットバスの汚れ
ユニットバスの汚れ
ユニットバスの汚れ
ユニットバスの汚れ
ユニットバスの汚れ

カナダのバンクーバーより東京に住んでいた時の入居7年・築35年経過したお風呂の退去費用として30万円の請求があったが正当なお風呂の退去費用の査定依頼がありました。

管理会社の請求書にはシート張替で対応するのか、塗装で対応するのかの記載はありませんでした

 

お風呂の写真を確認しましたが、カビ汚れ、掃除を怠った汚れがありました。

お風呂のパネル表面の剥がれもありました。

 

ユニットバスの寿命は1520年と言われています。

年数が経つと壁パネルの表面が腐食することがあります。

パネル表面の剥がれは通常損耗・経年劣化で借主の責任ではありません

 

ユニットバスの汚れは借主の過失ですが専門業者による高圧洗浄やポリシャーなどで落ちる汚れになります。

 

落とす汚れは新品時に戻すことではありません。

築35年の状態にすることです。

新品時の状態にすることは出来ませんが築35年の状態にすることは専門業者の清掃で出来ますので清掃料で査定を行いました

 


浴室のヘアカラー汚れ
浴室のヘアカラー汚れ

お風呂のカビ汚れ
お風呂のカビ汚れ

ユニットバス浴室の汚れ
ユニットバス浴室の汚れ