下水道工事のために指定道路で掘削承諾書取得しました

指定道路のため土地所有者から掘削承諾書が必要となります

今回初めて取引させていただく、建売住宅を販売している不動産会社より新規に下水道管を埋設するので、位置指定道路の土地所有者から掘削承諾書の取得依頼を受けさせていただきました。

指定道路は大正時代に出来た道路で昭和8年に指定道路に認定されています。私も建築基準法が出来る前から指定道路という制度があったことにビックリしました。 指定道路で土地所有者が不明なことがほとんどです、昔からあることと財産ではないため、相続登記や引越しの住所変更登記がなされていることは、ほとんどありません。

 

土地謄本の土地所有者は12名になっており大正時代から戦前までに登記されております。すみませんが現在も存命の方がいるとは思えません。12名の所有者の内、推定相続人と思われる同じ苗字の方が1名しかいません。後の11名の登記簿上の住所は現在ではない住所でした。このままでは土地所有者から掘削承諾書を取得するのは無理です。

とりあえず推定相続人の1人に連絡をして、上記の説明を行い土地の掘削承諾書をしましたが、推定相続人も80歳くらいでしたが、登記簿の所有者はお爺さんだと、時代を感じましたが他の人は登記簿の住所は現在ではなく、お亡くなりになっていてるでしょうが普通郵便で連絡させていただきましたが、もちろん全て戻ってきました。


役所での下水道工事の申請について

札幌市に下水道工事のために1名の土地所有者から掘削承諾書と他11名の普通郵便で連絡したけど所有者と連絡が取れなかった報告書を提出し、工事のための許可をもらったと不動産会社から連絡がありました。

 

今回不動産会社より工事に関して、札幌市で私道の部分の工事とマスの補助をしてもらえると連絡がありました。これは非常に珍しいことなのです。指定道路の場合。土地所有者全員の掘削承諾書が無いと補助などは無いのです。

 

今回どうして補助してくれたかはわかりませんが、ここまでお金かけて真剣に土地所有者調べたねと言われたそうです。真面目に仕事をした成果なのか、工事代金で数十万円は補助してくれたと、おたくに支払った費用以上の成果があったと私も今まで指定道路の下水道工事でこのような補助があったのは始めてでした。


私道・指定道路の業務

私道・指定道路の売買・通行・掘削承諾書の取得、道路所有者調査などの業務を行っております

私道の売買成約事例です

住宅ローン相談

中央区の私道の権利関係を調整し4区画に分筆登記をし、隣接地の人に購入していただきました。

通行・道路掘削書の取得

不動産個人売買よくある質問

札幌市中央区の私道の所有者様より通行・掘削承諾書を取得させていただきました。

 


長谷川行政書士事務所

 

住所

札幌市厚別区厚別中央2条2丁目3番5号ラファイエ08B

 

電話番号

090-1307-6332

011-577-4856

 

 

メールアドレス

hironari3912@gmail.com

 

営業時間

9:00~18:00まで(日曜祝日休み)

(日曜祝日はお休みですが退去立会いは行っております)